シェアする

Youtubeの動画をパソコンにダウンロードしたい

Youtubeの動画は通常ダウンロードすることはできません。

初心者の方ですと、その都度検索してお気に入りの動画を探すか、動画URLをブックマークして見たい時に開く…などの方法を取ることが多いと思います。



しかし、例えば“見ようと思っていたのに見逃したテレビ番組”などの動画は、著作権などの問題で削除されてしまうことも多々あります。

せっかく見つけたのに、次に見ようと思ったら削除されていた…これは悔しいですよね。たいてい、そんなことから『パソコンにダウンロードしたい』と思うはずです。



Youtubeの動画をパソコンにダウンロードする方法ですが、大して難しくありません。

初心者向けに無料で出来、かつ、もっとも簡単な方法として、ここでは2つのパターンをご紹介します。





①RealPlayerを使用する。





RealPlayerはコチラからダウンロードできます。

まず、上部の「リアルプレーヤー」タブを選択し、「ダウンロード(無料版)」をクリックします。

※有料版にはDVD書き込みなどが簡単に出来る機能などが入っています。



ダウンロードの途中で以下のような画面が表示されます。







この赤枠で囲った部分が、Youtube動画ダウンロードのポイントとなりますので、
チェックを入れて実行します。



こうすると、ブラウザでYoutubeの動画ページを表示した際

それがダウンロード可能な動画の場合は、動画再生画面の上に以下のようなボタンが出現するようになります。







※見つからない場合は、数秒待った後、動画再生画面にカーソルを乗せれば表示されます。この表示方法などについては、RealPlayerの「ツール」→「環境設定」→「ダウンロードおよび録音」で変更できます。





Youtubeに限らず、様々な動画共有サイトの動画を同じ要領でダウンロードすることが出来ます。







②TUBEFIREを使う



TUBEFIREはソフトでなく、動画変換・ダウンロードオンラインサービスになります。

ソフトのダウンロード・インストールが不安な人にはコチラをお勧めします。


TUBEFIRE

http://www.tubefire.com/





このサイトは、動画のダウンロード方法が非常に分かりやすく書かれているのも特徴で、初心者でもほぼ迷うことなくダウンロードが行えると思います。







ページの上部にある「VideoID」という入力欄に、お目当ての動画のIDを入力し、変換方法を選択した後、「Convert」ボタンを押すだけです。



動画IDというのは、ダウンロードしたい動画のURLの「http://www.youtube.com/watch?v=ABcdEFgh」←この赤文字の部分になります。


動画を保存したい場合は「MP4」「WMV」(その後の目的に応じて最適な形式は変わりますが、保存して見たいだけならどちらでも構いません)、音声だけを保存したい場合は「MP3」を選択します。



「変換開始クリック」
「ダウンロードへ進む」
「規約に同意してダウンロードする」→(少し下へ行って)
「download(無料)」とクリックすれば、変換・ダウンロードが開始されます。



直接mp4に変換できるので、そのままiTunesに投入したりすることも出来ます。携帯端末再生用の形式に変換することも可能です。







この他、様々な方法が存在します。



Youtubeの動画を手間無くiPodに入れたい…というのであれば、iTubeが便利かも知れません。



AresTube

http://ares.mp3.es/



AresTubeは英語版のソフトになります。

ただし、操作は非常に簡単で、直観的に出来てしまうと思いますので、興味のある方は「AresTube」検索してみて下さい。






コメント

  1. magazinn55 より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
    p-netbanking と申します。当サイトでは、
    「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
    ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
    どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
    気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
    貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
    お借りしてご案内をいたしました。
    是非とも、貴ブログのご登録、及び、
    ランキング参加を御願いできれば幸いです。
    こちらのサイトです。
    http://www.p-netbanking.jp
    検索バー横にブログ登録フォームがあります。
    また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
    重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
    なお、全く興味のない方は、削除してください。
    失礼いたします。