シェアする

スマホサイトにAdsense広告はいくつ掲載できるのか?

こんにちは。ぐぐ助です。

おかげさまで、スマホ版「自己解決ねっと」の方にも多数のアクセスを頂いております。
ありがとうございます。

さて、ふとあることが気になりました。
「Adsenseの広告掲載ルールは、スマホもPCサイトと同じで良かったのか?」
スマホにAdsense広告を掲載する際、何も気にせず「コンテンツ向け広告は3つまで」なんて考えてましたが、PCとスマホで規約が違ってたらマズイぞ。と。
ちょっとした違反でアカウント削除されてしまうと聞きますので…。
12092807.jpg
さて、そんなわけでググってみました。

検索ワード:adsense スマホ いくつまで

答えはPCと同じく、1ページあたりコンテンツ向け広告3つまででした。
ホッ。
しかし、スマホ向け広告にはPCとは違った決まりごとがありました。

ポリシー・サイトに沿った配置
・プログラム ポリシーにあるように、1 ページに対し、表示できる広告ユニットは最高 3 つまでです。
・スマートフォンでは、1 つの表示可能なページ(1 ビュー)に表示できるコンテンツ向け AdSense の広告ユニットは 1 つのみです。
http://p.tl/NlHr

1 ビューに表示できるコンテンツ向け AdSense の広告ユニットは 1 つのみ
要するに、画面に同時に2つの広告が表示されてはいけないということです。
思い切り規約違反していました…。
ページヘッダーに1つ、記事タイトル下に1つ、記事下に1つ掲載していたのですが
ヘッダーと記事下の広告は同時に表示されてしまいました。
慌てて修正です。

12092806.jpg
こちらはAdsenseの公式ブログに掲載されている図解ですが
これを見る限り、同じ画面に2つの広告の全体が表示されなければ大丈夫ということでしょうか?
一番右のケースだと、スクロールすればヘッダー広告とフッター広告の上端が同時に見えますので。
最初から思い切り離せるなら、それが安全かと思いますが。
ちなみに、スマホに掲載できる広告ユニットは

モバイル バナー(320×50)
レクタングル(中)(300×250)
スクエア(250×250)
スクエア(小)(200×200)

この4種類。
PCサイト用の広告と同じように掲載できるようになりましたし、スマホサイトでもAdsenseは大活躍してくれそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする