シェアする

突っ張り棒をハンガーパイプにしているけど落ちてしまう場合の対処法。

ぐぐ助です。

最近引っ越しをしたのですが、今度の住まいにはクローゼットにハンガーパイプがありません。

180cm幅のクローゼットが2箇所もあって、パイプさえあれば本当に申し分なかったのですが…

仕方なく、200cm超まで対応している突っ張り棒をハンガーパイプにしているのですが

パッケージの説明書きを読んでみたら、耐用荷重は意外とちょっとなんですね。

ただ長いだけ。 長ければ長いほど不安定になりますし、そうでなければ太くしなければいけませんから、仕方ないですね。



こういう悲しすぎる体験をしたことがある人、少なくないはず。(笑)


そこで「何か補強できるモノがあるのではないか?」とググってみました。

今回は「こうすると良い」というノウハウというより、ただのアイテム紹介のような感じです。



検索ワード:突っ張り棒 補強



賃貸なので、釘などを使わず手軽に補強できることが絶対条件。

探してみたらこんなものがありました。

高さも数種類ありますので、大概のクローゼットには対応すると思います。

これだ!と思って即購入してみました。クローゼットは2箇所あるので2個。1個予備で計3個。

しかし、180cm幅のクローゼットにその3個を全て使うはめになりました。

あまり詳しく調べないで購入したのですが、下から完全にガッツリ支えあげる感じではないんです。

上部がバネになっていて、その力で支えています。

バネは結構強力なものではありますが、完全固定ではないので、例えば横から叩いたりするとズレるんです。

そのようなものですので、商品写真のように真ん中に1本だけ…だとちょっと心もとないんですね。

そんなわけで両端、中央の3点で支えたところ、かなり安定しました。



こんな風に「これでもか!」ってくらいぶら下げていますが、全く落ちません。

(汚くてすみません…^^;;)

もっと幅の狭いクローゼットでしたら、両端2点支えでも良いかと思います。


設置するときは、結構強力なバネを目一杯縮めた状態で固定ネジを締める必要があるので

力の弱い女性だと一人の設置はややキツかもしれません。


それから、突っ張り棒があんまり太いと設置が出来ないのですが

そこまで太くなってしまうとハンガー自体かからなくなってしまうと思うので

まぁ、大丈夫でしょうか。

心配な方は突っ張り棒とのセット販売もありますのでコチラをどうぞ。