シェアする

白髪は抜いたら増える。 ストレスで一晩で真っ白に。 うそ?ほんと?

私もここへ来て急に白髪が目立つようになって来ました。



悲しいですね。





さて、この気になる白髪、「抜くと増える」と言われますが本当なのでしょうか?



どうもこれは根も葉もないウソのようです。



白髪は、毛根にある毛母細胞内で作られるメラニン色素が減少・消失することが原因であり、
増減とは全く別問題なのです。



また、「白髪が生える毛根からは白髪しか生えない」というのもウソのようです。



科学的に解明されていない部分ではありますが、 白髪が減り黒髪が増える・・・という事例は確実に存在します。



白髪を抜くと、毛穴や毛根が傷つき白髪も黒髪も生えない状況になってしまう危険性があるので



「増えるから」という理由ではなくとも、抜かないほうが良いことは確かなようです。





ちなみに、白髪に効果があると立証されているのは山椒とホップの二つだそうです。



山椒には毛母細胞のメラニン生成を促成する効果があり、



ホップエキスにはメラノサイトの運動能力や増殖活性を高める効果があるそうです。



よく言われるコンブやワカメなどの海藻類や、黒ゴマなどは、



成分から「効果があるのではないか?」とされているものの まだ科学的に立証はされていないようです。





抜かないほうが良いならば、毛染め・・・ということになりますが、



白髪染めで白髪が増えるという説まであるから始末におえません。



あまりに頻度が多いのなら話は別ですが、これもウソのようです。



ただ、白髪染めも髪にダメージを与えるので、髪全体のツヤやコシが失われ



白髪がより目立ちやすい状態になると言う事は出来るようです。





白髪=ストレスという考え方が一般的で、「一晩で真っ白になった」という話もあります。



そこまでてきめんに現れることはないようです。



そもそも、現在黒い髪が白髪に変わることは無く、白髪は生えてくるものです。



ただ、白髪の原因のひとつがストレスと言うのは確かです。



身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮し、毛母細胞の働きを弱めます。



すると、メラノサイトの働きが衰えてメラニン色素が生成されなくなり、白髪が生え始めるのです。





結論として、白髪にまつわる噂は多くがウソということになりますね。



一番は白髪が生えても悩んだりせず、



適度に白髪染めをしてオシャルを楽しむくらいの姿勢でいるのが良いということになるでしょうか。




以下は白髪予防・対策のためのAmazonオススメ商品です。






スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    サプリメントの類が白髪予防になると叫ばれるのも、誰もが少なからず持つ老いに対する不安から生まれ、世間にまかり通った迷信のひとつですね。