シェアする

Outlook2007でpstファイル破損による受信エラーが。

Microsoft Outlook 2007 を使用していますが、
突然受信エラーが起こるようになってしまいました。
迷惑メールフォルダなどにアクセスしようとしても、
ファイルが壊れている旨の警告が出てしまい、出来ません。
アプリケーションおよびパソコンの再起動、エラーチェックを行っても
改善されませんでした。
調べてみたところ、pstファイルの破損が原因であることが多いらしく
「scanpst.exe」というプログラムを使用して修復すればだいたい直るそうです。
このプログラムは、
PSTファイル(個人用ファイル)やOSTファイル(オフラインフォルダファイル)の
エラー診断と修復を実行し、ファイル構造をチェック・修復してくれるものです。
このプログラムはOfficeが予め用意してくれています。
Office2007の場合は以下の場所にあります。
 Cドライブ>Program Files>Microsoft Office>OFFICE12
Office2003以前では以下の通り。
 Cドライブ>Program Files>Common Files>System>Mapi>1041
エクスプローラで探すと良いでしょう。
 ※[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[エクスプローラ]
見つからない時は以下の作業を行ってから再度探して下さい。

[スタート] ボタン をクリックし、[コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ]、[フォルダ オプション] の順にクリックします。
[表示] タブの [詳細設定] で、[すべてのファイルとフォルダを表示する]、[OK] の順にクリックします。
Windows 7 の場合は、同じく [表示] タブの [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]、[OK] の順にクリックします。

「scanpst.exe」を確認出来たら、以下の手順で作業します。
1:修復を行う個人用フォルダ (.pst) ファイルが保存されているフォルダーを確認し、パスをメモしておきます。
110322a1.jpg
110322a2.jpg 赤線の部分をメモしておく。
2:Outlookを終了し、Scanpast.exeを起動します。
110322a3.jpg ※注 クラシック表示で起動していますので、ダイアログボックスのデザインが異なることがあります。
3:[参照]をクリックし、先ほどメモしたpstファイルを開きます。
※例 [ローカルディスク (C:)] – [ユーザー] – [設定した使用者名] – [AppData] – [Local] – [Microsoft] – [Outlook] の順にクリックします。
4:[修復]ボタンをクリックし、修復が完了するまで待ちます。
「scanpst.exe」を終了させ、Outlookを起動し症状が改善していないようだと
別の原因となります。

(関連リンク)
Microsoft Office - 壊れた Outlook データ ファイルをスキャンおよび修復する
受信トレイ修復ツールでOutlookの個人用フォルダを修復する

スポンサーリンク

シェアする

フォローする