シェアする

かかと、足指の痛~い靴ずれをなんとかして防げないか? コツ&アイテム

こんにちは。ぐぐ助です。

ぐぐ助はどうも靴ずれしやすい体質のようで、しょっちゅう苦しめられています。
そのくせ、趣味はスニーカー集め。履きなれた靴を履く…ということをしないのでなおさらですね。
また、草野球をするとかならずスパイクでかかとや足指に靴ずれを起こし、1週間近く靴を履いての歩行が苦痛になってしまいます。
そんなわけで、靴ずれを防止する方法について調べてみました。

検索ワード:『靴ずれ 防止』

…が、出て来たのは

下ろしたての靴を長時間履かない
・靴下、パンストを履く
・あらかじめ絆創膏を貼る


など、ありきたりなものばかりでした。

ちょっとした豆知識として、

・絆創膏は、ツルツルしたキャラクターものを使うとより摩擦が軽減される
・絆創膏は、まず靴側に貼り、それでも靴ずれが起きそうなら足側に貼る
・女性の場合、靴下よりも汗をかいても滑りが良いパンストの方が靴ずれを起こしにくい。


といったあたりは収穫と言えば収穫ですが。

実際、このあたりはぐぐ助も既に試していますが、靴下を履いていても靴ずれする時はするし、絆創膏も靴の中で剥がれて、逆にそれが靴ずれの原因となってしまうこともあります。
靴ずれは仕方ない。という結論にせざるを得ませんね。

ただ、靴ずれ防止用のアイテムに関しては、想像していたよりもずっと種類がありました。
ぐぐ助同様、「まさか、こんなにたくさんのアイテムがあるとは思わなかった」という方向けに、いくつかかいつまんでご紹介します。

靴ずれ防止専用の絆創膏です。半透明で目立たず、サンダルなどにも使用できます。

靴ずれを起こしやすいかかと部分に貼り付けて使用します。薄いフィルム内のジェル加工が衝撃・摩擦を吸収し、靴ずれを起こしにくくします。

上の商品と同じ材質で、様々な場所に使用できるものです。ぐぐ助は特に足薬指の関節部分が擦り切れやすいので、ここに使用するにはこれがベストです。

かかと部分の靴ずれ摩擦ガードパッドです。ウオノメ関連には強いイボコロリブランドですので、この部位の商品は強いかもしれませんね。

足裏~かかとの広い部分をカバーできる靴ずれ防止パッドです。弾力性のあるジェルで、摩擦や衝撃からガードします。

靴のかかと部分に設置して使用します。ゆるくなった靴を脱げにくくする&靴ずれを起こしにくくするアイテムです。

つま先用のクッション。低反発クッションが足の指先にフィットし、前ズレを防止。足指の靴ずれを起こりにくくします。

サンダルやスリングバックの下がったバックバンドで擦り傷を作ってしまうケースに。バックバンドをしっかりグリップし、擦り傷の出来やすいかかとの接触を防止します。

その他、足指間用、親指用など部位ごとに専用のアイテムも販売されているようなので、特定の部位が気になる方は探してみてください。
デートなどの勝負ポイントに限って、どうしても新しい靴を履きたくなってしまうもの。
前もって予防しておかないと、一生後悔することにもなりかねませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする